防水工事を行う前に読んでおくとためになります

防水工事に使用する素材の種類と特徴を知っておこう

防水工事に使用する素材の種類と特徴を知っておこう 住宅の外壁の塗装が剥がれてきたりヒビが入って雨水が家に侵入してきたりした場合は、塗装工事をしなければなりません。
外観の美化だけであれば一般的な塗装でも問題はありませんが、水漏れが発生している場合は水の進入を阻止する施工をすることになります。
防水工事といっても、使う素材によって耐用年数や工事に掛かる費用が変わってきます。
また、施す場所によって適した素材が違います。
防水工事を発注する前に、防水の種類とその特徴を理解することが大事です。
種類はウレタン防水、ゴムシート防水、塩ビシート防水、FRP防水、アスファルト防水があり、それぞれの特徴があります。
ウレタン防水は下地の形状に馴染みやすく、水密性が高い連続皮膜が得られます。
ゴムシート防水はゴムなので伸縮性が高く、耐候性に優れていますが、シート同士は接着剤と粘着テープによる接着のため溶融一体化しません。
塩ビシート防水工事はシートを接着剤で貼るだけの簡単施工で、複雑な形状や狭い場所でもシート同士を熱風で溶かして一体化でき対応可能です。
FRP防水は軽量ですが強靭で、耐水・耐食・耐候性に優れています。
アスファルト防水はルーフィングを積層することで水密性が上がり優れた防水層になります。
この優れた防水層が厚く連続していますので、水の侵入を防ぐ信頼性は高いものになります。

防水工事は種類でメリット・デメリットが違うので比較して選ぶことが大事

防水工事は種類でメリット・デメリットが違うので比較して選ぶことが大事 建物の屋根や屋上、ベランダや外壁は、雨風や紫外線にさらされダメージを受けやすい場所です。
天井から水が滴り落ちてきたり、壁に水の染みが現れ、外壁にヒビが入ったことに気づくこともあります。
ヒビが入ったりして水漏れがするようになったら、専門業者に防水工事を依頼しなければなりません。
防水工事には、使用する素材の種類がいいろいろあり、それぞれメリットやデメリットがありますので、依頼する前に調べておいた方がいいでしょう。
ウレタン防水は、改修工事が簡単で廃材が出ないため費用が他の施工と比較して安くすみます。
ただ、塗膜の均一性が低いため耐久性が低く、定期的に表面の塗り替えが必要になります。
シート防水は工期が短くすみますのでコストを抑えることができますが、厚みが薄いので損傷しやすいデメリットがあります。
FRP防水は施工中に臭気が発生しますが、軽量で強靭、耐水・耐候・耐食性に優れています。
アスファルト防水は施工のばらつきが少なく、耐用年数が10年~20年程と長いというメリットがあります。
工事期間、費用、特性を比較して、最良の防水工事をしてもらいましょう。