防水工事に適した時期

防水工事に適した時期

防水工事に適した時期 建物などで水が入り込まないようにするために行う工事が防水工事です。防水工事にもいくつかの種類がありますが、その多くは伸縮性のある素材を使って覆ってしまうことに違いはありません。一般的には塗料などが知られますが、シートを張り合わせるにしてもそれを接着させる必要があり、条件としては同じです。
防水工事を行うのに適した時期は、冬場は避けるのが無難とされています。また高温になる夏場の場合にもシートを敷く場合には注意が必要です。塗料や接着剤は、液体ですからその場に馴染むことができますがシートはすでに固形であり熱で伸びた状態で余裕を持たずに行うと冬場に収縮すると端の方が弱くなります。もちろん、これら熱による収縮と膨張は前提とした上で施工されますが、時期としては台風が来ない春が適しているといえるものです。秋に行うことも可能ですが、台風シーズンに台風の通り道となりやすい場所では、工事がなかなか進まないこともあります。

夏の暑い時に行う防水工事のデメリットは?

夏の暑い時に行う防水工事のデメリットは? 防水工事を行う時期としては、雨が少なく気温の落ち着いている春先がベストなタイミングですが、そのような時期にこだわることができない事も多くあります。また防水工事を行う業者も依頼に応じて工事を行うので、基本的には悪条件であっても年中いつでも工事を行ってくれるものです。ただいずれの季節にも、それぞれデメリットがあるものです。
夏のデメリットは、高温になりやすい事があげられます。塗料などの場合には高温の方が乾きやすいというイメージがありますが、急激に乾くのは本来その塗料がもつ性能が発揮できない可能性があるものですし、またシートの場合には熱で膨張してしまうものです。このため必要に応じてシートをかけるなどして最適な状態を作り出す必要があります。夏の場合には、ゲリラ豪雨のリスクが高いものです。ゲリラ豪雨となると、激しく雨が叩きつけられるため、せっかく行った防水工事が台無しになるリスクもあり、工事期間が長くなることもあります。