トップコートは何のために行うか

トップコートは何のために行うか

トップコートは何のために行うか 住宅やビルなどに防水工事を施す場合、使用する素材の種類によって塗膜防水・シート防水・複合防水など、工法にはいくつかのバリエーションがあります。ただ、基本的な工事の手順はおおむね共通しています。すなわち、まず樹脂や接着シートなどで防水層を作り、さらにその上からコート剤を塗布するというものです。この、コート剤を塗布する仕上げ作業のことをトップコートと言います。
トップコートはどのような目的で行われるのかというと、防水層の保護のためです。外壁や屋上など、外部に露出した部分は長年の風雨にさらされると劣化を避けることができません。防水層の劣化は雨漏りの原因となり、住宅内部への浸水や建材の腐敗を招くおそれがあります。コート剤の塗布はこれを防ぐために必要なのです。
この作業は、経済面にもメリットをもたらします。防水層が劣化した場合は再工事が必要となりますが、当然ながらこれには手間とコストがかかります。しかしコート剤を定期的に塗り替えるだけなら、防水層の寿命を延ばすとともに、防水工事にかかる費用を節約することができるのです。

防水工事の際にはトップコートが欠かせません

防水工事の際にはトップコートが欠かせません 屋根やベランダなどの防水工事に欠かせないのがトップコートです。どのようなものかというと、防水層を作った後に行う塗装のことをいいます。防水層は水の侵入を防ぐ目的で行われるものですが、年数が経過すれば防水層も劣化してしまいます。劣化した部分から建物の内部に雨水などが侵入しやすくなるので、建物自体も傷みやすくなるのです。屋根の一部が劣化すれば、雨漏りが発生することもあります。
防水工事の際にトップコートを塗装することで、防水層を保護することができます。それが防水層の劣化を防ぐことにもつながり、防水機能を長持ちさせる効果もあります。防水層に使われる素材にはウレタンがありますが、ウレタンは紫外線を浴びると色が変色したり硬くなったりします。屋根やベランダは紫外線にさらされる場所なので、ダメージを受けやすいといえます。防水層の上に塗装を施すことで、ウレタンの劣化を防いで防水層の寿命をのばすことができます。