防水工事を行う前に読んでおくとためになります

防水工事の種類とメリット・デメリット。その耐用年数

防水工事の種類とメリット・デメリット。その耐用年数 防水工事は建物内に水が入り込まないようにするためのことですが、一般的には屋上や陸屋根などに施すものを指します。
屋根は勾配をつけることで排水を促しますが、屋上や陸屋根の場合には勾配がないまたは緩やかであるため水の流れが弱いものです。
このため防水工事を行うことで屋内への水の侵入を防ぎ建物を守ります。
防水工事といっても種類があり費用や耐用年数が変わります。
現在行われている一般的な防水工事は「ウレタン防水」「シート防水」「FRP防水」「アスファルト防水」の4種類です。
ウレタンやFRPがもっとも多く使われているものですが、ウレタンの場合には塗装していく形になり改修工事が簡単ですし廃材が少ないメリットがあります。
年数も10年から12年です。
一方でFRPは繊維強化プラスチックのことでグラスウールなどの骨材を使い軽量かつ強靭な層を作ります。
メリットは耐水性はもちろん耐候・耐食性に優れていますが、耐用年数は8年から10年と短いものです。
安価に行うのであればシート防水ですが、シートを敷き詰めて防水とするため複雑な形状に施工するには手間が掛かり継ぎ目の処理も必要です。
またシートですので損傷がしやすいのがデメリットで10年から12年程度持ちます。
形状がシンプルで屋上を利用していない場合などには費用を抑えて施工できます。
もっとも耐用年数が長いのがアスファルト防水で15年から20年ほどです。
防水層が厚く施工のばらつきも少なく防水工事の性能としては、もっとも優れますが高価です。

防水工事の費用だけでなく耐用年数も比較しましょう

防水工事の費用だけでなく耐用年数も比較しましょう 防水工事に使う塗料の種類にはアクリル塗料を始め、ウレタン樹脂を使ったものやシリコンが配合されているもの、フッ素樹脂を使っているものなどがあります。
アクリル塗料は防水工事の中で使うものの中でもコストが安いなどの魅力がありますが、これを使って外壁を塗り替えた場合には、5年から7年などの耐用年数になり、耐久性が劣化する速度は他の外壁塗装剤と比べると短くなります。
一方、フッ素樹脂は4種類の外壁塗装材の中でも耐久性が高いと言われているもので、住宅がある環境により異なるものの、15年から20年の耐用年数を期待できるメリットを持ちます。
費用においてはアクリル系が最も安く、フッ素樹脂が最も高くなりますが、耐久性が高い分だけ費用が余計に掛かるなどの違いがあるわけです。
しかしながら、これらの塗料を比較してみると分かりますが、20年の中でフッ素樹脂は1度の防水工事で済みますが、アクリル系の場合は耐用年数を5年にした時には4回の工事が必要になって来ます。
仮に、フッ素樹脂の工事費用が150万円、アクリル系の費用が70万円などの場合、20年間維持できるフッ素樹脂の方がお得になることが分かるなど、防水工事を行う時にはこうした比較の方法もあります。

沖縄の防水工事おすすめサイト

沖縄 防水工事